随分前に、友達から貸してもらったビデオの中に、面白いアニメがあった。 タイトルは「攻殻機動隊」はまりました。
一番最初に見たのは、外国で公開されたもので、台詞はすべて英語、まあまあ面白かったけど、声優の言い回しがあまりしっくりと来なかったのですが、パソコン好きには、なるほどというストーリーと構成が気に入りました。 当時パソコンを題材に扱った作品には、荒唐無稽なものがおおく、絶対にコンピュータ知らない奴が作ったとしか思えない映像作品ばかりで、殆ど興味を持てませんでしたが、これは違いました。
次に見たのが、日本公開版で、声優はオリジナルの日本人。 これにはハマりました。 これこれこれだよ!! すっかりとファンになってしまいました。
色々な登場人物の中でも特に興味を持ったのが、思考戦車タチコマ。 設定が面白く、戦車なのに、人工知能が宿り、感情を共有し、最後は自己犠牲。 なんと健気なやつ。 この趣味は娘とも共有出来て、タチコマのプラモデルまで購入してしまいました。 しかし、プラモは壊れやすく、扱いが難しい。 写真の趣味が再燃したけど、どうもプラモデルを撮影する気にはなれませんでした。
一時期、食玩ブームで、娘が手に入れてくるミニフィギュアで、ダブったものを貰ってみたら、異様によく出来たフィギュアがありました。 製作は海洋堂。 本当にプロですね。 造形に徹底的にこだわって作っています。 海洋堂へのリスペクトはここから始まりました。 しかし自分で買う様な年でもない。 そうやって時間が流れました。
ヤフオクで、カメラとパソコン関係で、色々覚えて集めまくりました。 自分の中ではカメラはコンプリートの域に達したと思っています。 もうヤフオクへの集中は一段落しようかなと思った時に、孫への誕生日プレゼントを贈る事になって、一応準備しておいたんだけど、管理を大人がしないといけないパソコンを用意していたので、渡してしまうわけにもいきませんでした。 小さい弟と、誕生日の兄が貰ったプレゼントで喧嘩が始まり、阿鼻叫喚!! 渡すタイミングが悪くて、まだ道理が分からない小さな孫にとっては、大好きなおもちゃがどうして自分には無いのかと大泣き。 切っ掛けを私が作った格好になってしまったので急遽同じおもちゃを渡して収める事にしたものの、同じおもちゃが2つあるわけが.......あった。 作った塗装済みのタチコマと、間違って購入した同じプラモデル、こちらは未組み立て。 壊されるのを覚悟で急いで組み立ててプレゼント。 今までのおもちゃとは違って多関節のプラモデルに興味深々で、その場はなんとか収まったものの、分解が始まって、両方バラバラに、しかたがないので、また組み立てて、CDスピンドルの空きケースに密閉して再度進呈。 これで私が切っ掛けで起こった兄弟喧嘩は、なんとか無事収まった。 けれど、
タチコマが無くなった。 となると、以前から存在を聞いていた金属製タチコマをこの際手に入れようと検索したら、ありました。 なんと価格3万円!! 噂に違わず、高いなとヤフオクで検索すると、14000円で出ています。 予算を25000円までとして、見守っていたら、ついに高値更新!! その前に海洋堂のタチコマが2000円で出ていて、これは誰も応札しなかったので、落札。 店舗売りよりも安い価格で落とせたみたい。 金属製タチコマは土壇場で、高額入札で落とそうと考えていました。 その前に、仕様とかサイズを確認しようと検索をかけたら、同じ電脳超合金のタチコマが、12300円で出している店があるではありませんか。 そこには販売当時の定価も書かれており、その値段13500円!! なんと、ヤフオクの開始価格はプレミアで始まっていました。 最初に検索した店は、倍以上のプレミア価格で出していたのを見たみたい。 明日に控えた高値応札はやめて、すぐに購入手続き。 中古で美品、ブリスターが破損しているみたいだけど、フィギュアコレクターではないし、専用のケースは自分で用意するので関係ありません。 前からPENTAX系のレンズなどで、十年以上たった中古品に、新品価格以上の値段を付けて取引されているのを見て、充分に注意していたつもりだけど、まさかこんなフィギュアでも倍以上のプレミア付きで売られているとは、すっかりと惑わされました。ヤフオクは、安く入手も出来るけど、よくよく価格を調べて臨まないと、とんだプレミアを掴む事にもなりかねませんね。 熱くならなくて良かった良かった。◯
高値更新してくれたヤフオク初心者の方に感謝します。