大物感はないんですが、競馬が上手。

アイルハヴアナザー、ハービンジャーが今年はまずまず活躍馬を出していますがこの馬はまだまだ期待に応えられていない。

それが凱旋門賞馬・ワークフォース。

ナカヤマフェスタと叩き合った馬ですね。

 

母ペプチドヒノトリから生まれたペプチドオーキッド。

冠ペプチドからも残念ながら重賞の香りはしませんが、芝1800mで1番人気という支持を受けたワークフォース産駒で結果を出した馬、というのはわたしの記憶ではないだけに、個人的には評価したい。

 

とはいえ次もポンポンという雰囲気でもないだけに、500万以上のクラスでどこまでやれるか、次も気になります。

youtu.be